© Kansai Television Co. Ltd. All Rights Reserved.

>>>【入れなきゃ損】 普段のネット検索で「楽天ポイント」が貯まる!<<<

 

今回は、9月3日放送の「TWO WEEKS:8話」について作品のあらすじをチェックしつつ、実際に視聴したライターによる感想もぜひチェックしてみて下さい!ネットの声もリサーチしていますので、そちらも合わせて是非☆(※ネタバレを含みますのでご注意下さい)

 

スポンサーリンク

『TWO WEEKS:第8話』あらすじ

結城(三浦春馬)、楓(芳根京子)、有馬(三浦貴大)が手を組んだ出頭作戦は見事成功し、灰谷(磯村勇斗)は殺人未遂の現行犯で逮捕される。はな(稲垣来泉)の手術まであと5日、灰谷の自供をもとに、何としても身の潔白を証明したい結城は、その思いを有馬に託す。

公式サイトより

 

スポンサーリンク

『TWO WEEKS:第8話』視聴した感想

エンタクライターの感想

純粋無垢で可愛らしいはなちゃんと、柴崎や久我といった汚い大人の対比が凄まじかったストーリーだったと思います。特に、結城に電話をかけて話しているはなちゃんは本当に可愛かったです。もし、自分が勇気に立場だったら、どういう感情になるのかと思いました。普通なら、今すぐにでも会いたくなると思います。それにしても柴崎は勿論、久我もきたなすぎると思いました。

結城(三浦春馬さん)が娘のはなへの移植手術をするために、必死に逃げ回っている姿には毎回、ハラハラさせられますが、今回の放送で描かれていたストーリーにもドキドキさせられました。特に結城が芝崎(高嶋政伸さん)の家に侵入した際に、芝崎が帰宅して鉢合わせになってしまったシーンにはハラハラしました。結城の味方になっている楓(芳根京子さん)と彼女がずっと信頼してきた国会議員の早穂子(黒木瞳さん)との対決シーンにもドキドキしましたが、早穂子が動じずにしらっとしている姿には腹が立ちました。
これから先、結城が娘のはなを無事に助けてあげることが出来るのかちゃんと見届けたいと思います。

結城演じる三浦春馬さんが、柴崎演じる高嶋政伸さんの悪態を暴こうとする奮闘ぶりが見ごたえありました。普段からクールな役柄が多い三浦さんだけあって、こうした姿は応援したくなるほどでした。また、今回の黒木瞳さんは、大人の女性が際立った面持ちで、男性からしてみても、プライベートで対立した際に、敵いそうにないなと感じました。

毎週、おだやかな気持ちでみていても終盤にびっくりする展開になるのがこのドラマの楽しいところ。結城の方が一枚上手であることが多いので、割とすっきりした気持ちで、終える事が多いのですが・・・。今回は、最後の最後息が止まりそうでした。最終回が近づいているのを実感する内容です。いよいよ直接対決!?!?必ず2週間後は迎える事ができるはずなのに、最後にドキドキさせられます。黒幕が分かった今、これからどのように直接対決するのか。来週が楽しみで仕方ありません。

ついに、柴咲が事情聴取される展開まで来ました。佐和子さんと検事が決裂しましたが、その会話を録音していれば佐和子さんが関わっている証拠になったのではと刑事ドラマのファンの私は思ってしまいました。また、月島検事も狙われる可能性が出てきましたが、どうなるのかも楽しみです。花ちゃんはいつ見ても可愛いです。手術に日が近づいてきました、最後までどうなるのか楽しみです。

 

ネット上の声

何も見つかりませんでした。

 

スポンサーリンク

 

『TWO WEEKS:第8話』見逃し配信の視聴方法

民放のドラマ作品は、放送後1週間は無料で見逃し配信されています。TVer(ティーバー)または、Gyaoで視聴が可能です。うっかり見逃してしまったり、録画をし忘れてしまった場合にはとても便利です^^

放送後1週間を過ぎてしまったり、放送が始まってしばらく経ってから見始める場合などのケースは、動画配信サービスを活用することで見逃した分を視聴することができます。放送されているテレビ局ごとに動画配信サービスが異なりますので、作品にあったサービスを選択して下さい。

【テレビ局別】見逃し動画配信サービス一覧

※サービス名のリンクから、サービス詳細を確認できます。

 

スポンサーリンク

おすすめの記事