DVDレンタルでおなじみのTSUTAYA(ツタヤ)。動画配信サービスの普及で、レンタル市場に大激震が走ったのは記憶にあたらしいですが、被害をもろにくらったTSUTAYAも動画配信サービスにのりだしています。それが「TSUTAYA TV」というサービスです。

多くの動画配信サービスが存在しますが、その中でもTSUTAYA TVは、レンタルショップの強みを活かした「DVDでの視聴」などサービス内容に特徴があります。

そんなTSUTAYA TVですが、利用前だといまいちサービスの内容が分からないかなと思います。そこで今回は、TSUTAYA TVのサービスの特徴や、実際の利用者による口コミ・レビューをお伝えしていきたいと思います。また、いざ使いたいとなった時のために、登録方法・解約方法などについても事前にお伝えしておきたいと思います。

TSUTAYA TVを使ってみたいけど、一歩踏み出せず悩んでいる場合には是非チェックしてみてください!

 

スポンサーリンク

【TSUTAYA TV】サービス特徴まとめ

動画配信サービスの中でも上位の配信数・85,000本以上

動画配信サービスの中で、配信本数は重要視されていますが、TSUTAYA TVは業界内でも上位に位置する配信数を誇っています。U-NEXTには及びませんが、見放題・課金作品合わせて85,000本以上もの動画が視聴可能です。しかも、様々なジャンルをまんべんなくカバーしているので、見たい作品が比較的多い印象を受けます。

 

ポイントが月額料金以上の還元!Tポイントも溜まってダブルでお得!

TSUTAYA TVは、月額933円(税別)のサービスとなっています。月額会員になることで、見放題作品をいつでも好きなだけ楽しめるほか、有料コンテンツも必要ポイントを消費すれば楽しむことが出来ます。

注目すべきは、TSUTAYA TVのポイント付与です。月額933円(税別)支払うことで、1080ポイントが付与され、1ポイント1円で有料コンテンツに使用することが出来ます。新作は500ポイントで視聴可能なことが多いので、毎月2本は新作映画を楽しむことができる計算です。

しかも、TSUTAYA TVは、Tポイントも一緒に貯めることができちゃいます!他のサービスではありえないことなので、Tポイントユーザーには嬉しいですね!

 

30日間無料で試すことができる

TSUTAYA TVも、他の動画配信サービスと同様に無料期間が設定されており、その期間内に通常会員と変わらない機能を使い倒すことが出来ます。お試し期間中でも、入会後すぐに1080ポイントが付与されるので、新作映画などもすぐに楽しめます。

因みに、このお試し期間中に解約をしてしまっても、一切費用は発生しません。付与されたポイントを使用していたとしても、その分を請求されたりすることはありませんのでご安心下さい。

 

 

スポンサーリンク

TSUTAYA TV 利用者の口コミ・レビュー

それではここで、実際にTSUTAYA TVを利用されている方を対象に実施した、独自アンケートの結果をチェックしてみましょう。

【良い点】割合幅広いジャンルの作品をそろえているので、普段自分が見ないジャンルの作品などでも、ちょっと見てみるかという気持ちになり、そのまま好きになる事が多いです。メジャーな作品からマイナーな作品までもそろっており、品揃えはよい方だと思います。

【改善点・要望】サイト自体はあまり使いやすい方ではありません。他の動画配信サイトなどを利用した事がある方なら、使いにくさにとまどう事もあるでしょう。ユーザーインターフェースが悪いのが最大の欠点だと思います。ストレスがたまりやすいサイトです。

【良い点】洋画の作品数が豊富だったのでそこがとても嬉しいです。TSUTAYAなので検索も楽ですし、画質もとても綺麗です。アジアドラマなんかも色々見られるのが便利だと感じました。
また、テレビに繋げて観賞できるのがポイントが高いです。【改善点・要望】一度、あまり見ない月があり退会をしようと思い退会の画面を探したのですが非常に探しづらいし、色々なサービスが複合しているためとても分かりづらかったです。結局途中で退会を断念しましたが唯一悪い点と言えばそこだったかなと思いました。

【良い点】TVでもタブレットでもパソコンでも視聴出来てとても便利。作品を探すときも、何か見たいなあ、どれを見ようかなと迷っているときも、メニューから検索しやすい。予告動画だけをいろいろ見るのもたのしくて、意外な作品に出合える。

【改善点・要望】基本的にパソコンが苦手なので、Wi-Fiの設定やネット環境についてよくわからず、設定までが大変だった。今でもWi-Fiの調子が悪いと画像が止まって不快になる。慣れるまでは操作も難しく、覚えるまでは少し手こずった。

【良い点】様々な番組が配信されているので、暇つぶしにはぴったりでした。新しめのドラマなどはないかと思いましたが、思いの外最近のものもあってびっくりしました。見そびれていた番組を見ることができたりで重宝しました。

【改善点・要望】画面デザインがあまり良くないというか、検索が少ししづからかった感じがします。視聴途中で止めた場合に、次に見始める時にまた最初からになってしまうことが度々あって使い勝手が悪かったですね。電子書籍でいうしおりのような機能があるといいなと思います。

【良い点】天候に関係なく好きな時間に、好きな映画や番組が見れるのが魅力です。今までのように、わざわざお店に返却に行く手間もありません。延滞料金もありません。以前はTSUTAYA DISCASも使っていました。たまに蔦屋書店でパッケージを見て気に入ったものを配信で見ることもあります。

【改善点・要望】人によるかもしれませんが、作品の好みに偏りがあるような気がします。また作品も全体的に少ないような気がします。料金もAmazonプライムなどと比べるとちょっと高いかなと思います。全体的にお得感が少ないイメージです。

【良い点】「TSUTAYA TV」は30日間の無料体験期間があります。他社の動画見放題サービスの中には無料お試し期間が2週間というところも多いので、無料お試し期間が長いのがメリットです。

無料期間中は先ほど説明した「動画見放題 & 定額レンタル8」が無料でお試しできます。つまり、「TSUTAYA TV」だけの無料お試しはなく、「TSUTAYA DISCAS」もセットで付いてきます。

お試し終了後は、「動画見放題 & 定額レンタル8」、TSUTAYA TVの「動画見放題プラン」のみ、TSUTAYA DISCASの「定額レンタル8」のみ、のいずれかを選べます。もちろん気に入らなかった場合は、両方とも解約することもできます。

【改善点・要望】全作品3,736タイトルのうち3,269タイトル(87.5%)がSD(標準画質)です。SD画質はスマホで視聴する分にはさほど困らないかもしれません。しかし、PCやTVで見るには少し物足りません。綺麗な画質で見たいというユーザーにはオススメできません

 

TSUTAYA TV利用者の満足度は比較的高いものの、ユーザーインターフェースの不満が多い印象でした。たしかに、U-NEXTやAmazonプライム・ビデオに比べると、若干の使いにくさは感じます。しかしここは、個人差もありますし、慣れの部分もありますので試してみないことにはなんとも言えません。(個人的にはあまり馴染みませんでした^^;)

とはいえ、ポイントの付与だったり、作品の配信数だったり、メリットはかなり多いので、はじめての動画配信サービスにもおすすめできる内容になっているかと思います。

 

スポンサーリンク

 

TSUTAYA TVの登録方法をカンタンに解説

それでは、TSUTAYA TVの会員登録について簡単に解説していきます。

1)公式サイトへアクセス

まずは「公式サイト」へアクセスして下さい。

公式サイトを開くと、「まずは30日間無料お試し!」というボタンがありますので、そちらをクリックして進んで下さい。

 

2)「アカウント情報」の入力

登録する個人情報の入力画面が表示されます。

Facebookアカウントの情報から自動入力する機能もありますので、お持ちの方は簡単に登録ができます。

 

「お名前(漢字/フリガナ)」「メールアドレス」「パスワード」「決済方法」が求められますので、情報を入力して「確認画面へ進む」をクリックします。

使用可能な決済方法
  • クレジットカード(VISA、JCB、MasterCard、アメリカンエクスプレス、ダイナースクラブ)
  • ソフトバンク、ワイモバイル キャリア決済

 

3)内容の確認

先程入力した内容確認が入りますので、間違いがないかチェックして下さい。同時に、プランの内容についても記載がありますので、忘れないように控えておきましょう。

問題がなければ、「この内容で申し込む」をクリックして下さい。

 

 

4)登録完了

「登録が完了しました」と表示されればOKです!

 

登録日を含め、30日間の無料期間が適用されます。仮にこの期間内に解約したとしても、利用料金や違約金などは一切かかりませんのでご安心下さい。

申し込みした日から30日間経過してしまうと、登録した決済方法にて支払い処理されてしまいますので、もし解約されるのであれば前もって対処しておくことをおすすめします。

 

TSUTAYA TVの解約方法をカンタン解説

「会員登録を前に実際の解約方法を見ておきたい!」「本当に解約出来るのか知りたい!」という声もありますので、こちらで解説していきます。

TSUTAYA TVの解約は若干ややこしくなってますので、無料期間中に解約する場合は早めにやっておくことをおすすめします。理由は後述します。

PC・スマホでもアプリでも解約可能ですが、今回はPCを例に説明していきます。流れは同じですので、他のデバイスで解約される際にも参考にしてみて下さい。

 

解約方法の流れ

画像付きでご説明しようと思いましたが、ページ数が非常に多く、かえって混乱を招きそうと思いましたので、今回はテキストのみで解説していきます。

TSUTAYA TV解約の流れ

  1. トップページ右上の「マイメニュー」をクリック
  2. 開いたメニュー下方にある「登録情報の確認」をクリック
  3. 本人確認のためログインを再度求められるので、パスワードを入力しログイン
  4. マイページ右下の「サービス停止・解除申請」をクリック
  5. ここでも再度ログインを求められるので、パスワードを入力しログイン
  6. 「今解約するともったいないですよ!」という内容が表示されますが、下まで移動して「続行する」をクリック
  7. 同じ感じのもったいないですよページが表示されるので、再度下まで移動し「続行する」をクリック
  8. アンケートを求められますので入力します(入力しなくても大丈夫です)。下の「サービス停止申請する」をクリック
  9. サービス停止申請完了

解約後は、登録のアドレス宛にメールが届きますので、間違いなく利用停止出来たかどうか確認しておきましょう。

 

解約できない場合に確認すること

TSUTAYA TVを解約したいのに出来ない!そんなときにはこちらを確認しましょう。解約がややこしいと言われる理由はココにあります...

TSUTAYA TVを解約できない時のチェック項目
  1. TSUTAYA DISCASとの紐づけが完了していない
  2. レンタルの返却が出来ていない

特に1はややこしポイントなので注意が必要です。

TSUTAYA TVを解約するためには、TSUTAYA DISCASとアカウントの紐づけが出来てなくてはなりません。以前は違いましたが、2018年に仕様が変更となりました。もし紐づけが出来てないようであれば、マイページから設定を済ませておきましょう。

2に関しては当たり前なのですが、レンタル商品が手元にある状態で解約は出来ません。借りたものを返却してから解約して下さい。また、ポストへ投函=返却完了ではありません。郵送されるタイムラグがありますので、無料期間中に解約される場合は、その期間を見越した少し早めの解約がおすすめです。

 

「サービス停止」と「サービス解除」の違いは?「解除」はチョット待って!

ココまでの流れで解約という言葉を散々使用してきましたが、TSUTAYA TV上では別の言葉を使って表現されています。「サービス停止」と「サービス解約」という表現で、この2つの意味を理解しておくことが重要です。2つの違いについて簡単に説明すると、

「停止」と「解除」の違い
サービス停止:月額費用が発生するサービスを一時的に停止すること
サービス解除:アカウント情報自体をサービス上から抹消すること

このような感じになります。

つまり、もし今後もサービスの利用が考えられるのであれば「サービス停止」にとどめておくのがいい、ということですね。もう一切使用しないよという場合には、サービス解除をしましょう。

「停止」と「解除」の違いの詳細は以下のとおりです。

 

サービス停止 サービス解除
特徴
  • DISCASサイトにログインできる
  • 定額リストはそのまま
  • 簡単に再開手続きが可能
  • DISCASサイトにログイン出来ない
  • 全ての履歴が参照出来ない
  • 再利用には新規登録が必要
登録情報・レンタル履歴などの変更参照 ×
申請の取り消し
  • 申請月内は取消可能。
  • それ以降も簡単に再開可能。
  • 申請月内は取消可能。
  • 再利用は新規登録が必要。
月会費 なし なし

 

まとめ

今回は、TSUTAYA TVの特徴や、実際に使ってる方の口コミ・レビューについてお伝えしました。

登録方法や解約方法についてもお伝えしましたが、若干の注意点があることもお忘れなく!

はじめての利用で心配な場合も、御覧頂いたとおり無料期間内であれば一切費用はかかりませんので、安心して始められそうですね。

 

スポンサーリンク

おすすめの記事