(C)2019「新聞記者」フィルムパートナーズ
 

\劇場映画チケットが安くなるU-NEXT/

 

動画配信サービス人気6社からリサーチ!

U-NEXT FOD Hulu dTV クランクインビデオ TSUTAYA TV
 配信状況
 無料お試し期間 31日間 1ヶ月 2週間 31日間 なし 31日間
入会時付与pt(お試しポイント) 600pt 100pt - - 3,000pt(+1,500ptプレゼント企画実施中) 1,080pt
月額料金(税別) 1,990円 888円 933円 500円 1,500円 933円
公式サイト U-NEXT FOD Hulu dTV クランクインビデオ TSUTAYA TV

(◯:見放題、無料キャンペーン中も視聴可能/△:ポイント使用で視聴可能/×:視聴不可)

「新聞記者」は記事公開時点で(ページ上部記載)、「U-NEXT」「FOD」「Hulu」「dTV」「クランクインビデオ」「TSUTAYA TV」いずれの大手動画サービスでも配信されていません。通常、劇場公開より3ヶ月〜半年ほどで視聴可能になるケースがほとんどですので、ご自宅で楽しむのであればそれまで待つ必要があります。

動画配信が始まるまで待てない!

「動画配信されるまで待てない!」そんなあなたには、「劇場で通常より安く楽しむ方法」がおすすめです。それが、「U-NEXT」のポイントを使用したチケット購入で、会員に毎月付与されるポイントを活用することで、指定の劇場の映画チケットを割引購入することができるんです!(※U-NEXTの公式サイトで割引される劇場を確認)

初回登録の31日間に付与されるお試しポイント(600円分)も、劇場チケットの割引に活用できますので、映画好き必見のサービスになっています。ちなみに、無料期間が終わったあとは、毎月1200円分のポイントが付与されるので、自宅で動画を楽しみつつ、お得に劇場映画を楽しむことも出来ますよ〜♪

というわけで、映画チケットがお得に買える「U-NEXT」をはじめ、当サイトでご紹介している6サービスの特徴についてもご紹介します。

 

「新聞記者」以外にも色々な作品も楽しむならU-NEXT

U-NEXTの魅力は、取り扱い作品の多さにあります!見放題作品は90,000本以上、ポイント消費が必要な有料コンテンツを含めると120,000本以上もの映像作品が視聴出来ます!

月額会員は毎月1,200ポイントが自動的に付与されるので(毎月1日)、公開から時間の経っていない話題作などもたっぷり楽しめちゃいます。初月無料のキャンペーン中でも600ポイントが付与されるので、初月からU-NEXTの有料コンテンツを試すことが可能です。(新作は540pt消費が多いです^^)

実際に使ってみて合わないようだったら、無料期間が終わらないうちに解約することも可能なので、気軽にお試し出来ますよ☆

U-NEXTの特徴とメリット

  • 見放題作品数が90,000本以上、有料コンテンツも50,000本以上
  • 初回31日間の無料トライアル中に600ポイント付与!
  • キャンペーン後は毎月1,200ポイント付与
  • ポイントは有料コンテンツの他、劇場映画のチケットにも使用可能
  • 動画作品の他、有名雑誌70誌以上が読み放題(雑誌購読者はこれだけで元が取れます)
  • コミックや電子書籍も、ポイントで購入可能!(マンガ購読者は超節約出来ます)
  • 3つまでアカウントを無料追加可能!視聴履歴などもバレません

U-NEXTのデメリット

  • 月額料金が1,990円(税抜)と他に比べると少し高い(31日間は完全無料で楽しめます)

 

「新聞記者」以外に懐かしのドラマやアニメ、雑誌も楽しむならFOD

FODプレミアムでは、ドラマ・バラエティ・アニメ・映画など人気の動画が多数配信されています。「ラブオアノット2」「彼氏をローンで買いました」「ラブホの上野さん」など、FODでしか観られない人気のオリジナル作品があるのも魅力の一つです。

無料・有料合わせて動画作品は50,000本以上、これだけ沢山の動画コンテンツを楽しめて、月額888円(税別)とは破格とは驚きですよね。しかも追加料金なしで、人気雑誌70誌以上も読み放題なんです。雑誌によっては、FODの月額料金が1冊の金額と同じくらいのものもありますので、雑誌購入者からしたら得しかないサービスと言えます。

使い勝手が試せるように、1ヶ月間の無料キャンペーンがありますので是非ご活用ください。見放題動画や雑誌を堪能して、無料期間中に退会しても問題アリませんのでお気軽にどうぞ☆

FODの特徴とメリット

  • 見放題&有料の映像作品が合計50,000本以上!往年の名作やオリジナル作品も楽しめる!
  • 動画コンテンツ以外にも、人気雑誌70誌以上が読み放題(雑誌購読者はこれだけで元が取れる)
  • 毎月”8のつく日”に400ポイント付与キャンペーン!(最大1,300ptゲット可能
  • コミックや電子書籍は、付与ポイントで購入可能!(漫画購入者はかなり節約出来る)

FODのデメリット

  • フジテレビ作品への偏り感が否めない(逆に、FODでしか観られない作品も多い)

 

「新聞記者」以外も、気にせず見放題で楽しみたいあなたにはHulu(フールー)

Huluの特徴は、配信されている作品「全てが見放題コンテンツ」という点です!会員になれば全てのサービスを利用できます。Huluの強みといえばなんと言っても海外ドラマ!海外ドラマ好きは非常に利用価値が高いはずです。(もちろん国内作品も豊富に取り扱っています☆)

「ウォーキング・デッド」「プリズン・ブレイク」「ザ・ラストシップ」など、人気タイトルがずらり揃っています。海外ドラマファンはもちろんのこと、(私のような)まだ親しみの浅い海外ドラマ初心者にもおすすめです!「イッキ見」作品が揃っているので、思わぬ出会いがあるかもしれませんよ^^

無料トライアル期間が「2週間」と他サービスより短めなんですが、全て見放題作品ということで「有料かどうか」を気にする必要がありません。そのため、動画配信サービスが初めてという方には特におすすめです。

Huluの特徴とメリット

  • 2週間無料トライアルで、全ての作品が見放題に!(月額933円:税抜)
  • 海外ドラマのラインナップが豊富!ドラマ、映画、アニメもたくさん!
  • 全て見放題作品なので、動画配信サービス初めての方にも使いやすい

Huluのデメリット

  • 最新映画の配信が遅め。観たい方は他のほうがいいかも。
  • ドラマ作品に比べて映画のラインナップが少なめ
  • 吹き替え版の作品が少なめ(他サービスでも吹き替え版は少ない)

 

「新聞記者」を最安値で楽しみたいあなたにはdTV

dTVの特徴は、なんといっても破格な料金!動画配信サービス業界で最安クラスの月額500円(税別)!それでいて、12万作品もの動画が見放題になります。初めて知ったときは驚きを隠せませんでした。数十年前の作品やニッチな作品もあるので、かなり幅広い要望に応えられるのではないかと思います。

ただ、海外作品には弱い印象が.....。人気の海外ドラマを楽しみたい場合にはHuluなど別サービスがいいですね。

とはいえ、この価格で人気作品を満喫できるのはdTVだけ!無料トライアル期間を利用して、一度お試ししてみるといいかもしれませんね。もし合わなければ、無料期間内での退会も大丈夫なので安心です。

dTVの特徴とメリット

  • 月額500円(税抜)で12万本もの動画コンテンツが見放題!
  • 端末にダウンロードして、外出先でも動画を楽しめる♪

dTVのデメリット

  • 画質やアカウント数など若干の制限がある
  • U-NEXTなどに比べアニメ・ドラマなどが少なく、取り扱い作品数に対して観たい作品が少ない印象

 

「新聞記者」を実質無料で楽しみつつ、他新作も楽しむならクランクインビデオ

クランクインビデオは、人気の映画やドラマなど最新作に強い動画配信サービスです!他社よりも新しいサービスということで、配信数はあまり比べられないのですが、月額料金に対してのポイント還元数が大変魅力的です!月額1,500円(税別)に対し、付与されるポイントはなんと3000ポイント!還元率のいいU-NEXTですら、1,990円(税別)の月額に対して1200ポイントですから、いかにクランクインビデオの還元率が高いかが分かります!新作映画換算で、毎月5本も視聴できる計算なので、劇場公開からまもないタイトルを視聴するのにはもってこいと言えます。

今ならキャンペーンで1500ポイントがプレゼントされるため、2本は新作タイトルを追加で楽しむことが出来ますよ。

クランクインビデオの特徴とメリット

  • 月額1,500円(税別)で、3000ポイントも付与され、新作タイトルが5本も視聴可能!
  • 今なら1500ptプレゼントされるので、新作を2本はチェックできる。(表示がなければ終了)

クランクインビデオのデメリット

  • 配信数が10000本と、他社と比較して少ない(新作に特化しているとも言える)
  • 1,500円(税別)を高いと感じる可能性も

 

「新聞記者」を安く楽しみつつレンタルDVDも...ならTSUTAYA TV

TSUTAYA TVは、あのTSUTAYAが運営する動画配信サービスで、新作・準新作を覗いた8,000タイトルが見放題で視聴可能になります(見放題以外の作品と合わせると32,000本以上)。他サービスが数万作品が見放題となることを考えると、見劣りしてしまうのは否めません^^;

ただ、毎月1,080ポイント付与されるので、そのポイントを使って新作・準新作を楽しむことも出来ます。そこまで動画視聴する時間はないけど、毎月少しだけ新作を楽しみたい場合にはいいかもしれません。

レンタルサービス(通常933円+1,865円:税抜)もセットになったプランを、30日間無料で利用できるお試しキャンペーンがあって、見放題作品にないものなどは、DVDの実物を郵送でレンタルできる体制になっています。自宅の機器で、高画質で楽しみたい場合や、他のどのサービスにもない作品を観たい場合にはぴったりですね!

TSUTAYA TVの特徴とメリット

  • 月額933円(税抜)で(32,000本以上のうち)8,000タイトルが見放題に。
  • 毎月1,080ポイントが付与されるので、新作・準新作も楽しめる!
  • 画質・音質にこだわる方や、観たい作品が他のどの配信サービスにもない場合には重宝する

TSUTAYA TVのデメリット

  • 見放題作品数が8,000タイトルと、他配信サービスに比べて少ない

 

【新聞記者】作品情報

(C)2019「新聞記者」フィルムパートナーズ

「新聞記者」見どころ

東京新聞記者・望月衣塑子の同名ベストセラーを原案に、若き新聞記者とエリート官僚の対峙と葛藤をオリジナルストーリーで描き出す。東都新聞の記者・吉岡エリカのもとに、医療系大学新設計画に関する極秘情報が匿名FAXで届く。日本人の父と韓国人の母のもとアメリカで育ち、強い思いを秘めて日本の新聞社で働く彼女は、真相を突き止めるべく調査に乗り出す。

「新聞記者」キャスト

  • シム・ウンギョン  吉岡エリカ
  • 松坂桃李  杉原拓海
  • 本田翼  杉原奈津美
  • 岡山天音  倉持大輔
  • 郭智博  関戸保

「新聞記者」スタッフ

  • 監督  藤井道人
  • 原案  望月衣塑子
  • 河村光庸
  • 脚本  詩森ろば
  • 高石明彦

「新聞記者」についてのみんなの声

少なくとも映画『新聞記者』が #日本アカデミー賞 を受賞した事は、 まだ日本の映画関係者には真っ当なモラルがある事を示したと思うので私達も見習いたいです #昭恵氏花見 に参加した #手越祐也 #藤井リナ は #報道特集 を見て #森友問題 #赤木俊夫 の思いを良く考えな! #とくダネ

正に映画『新聞記者』は、安倍政権が国家権力を私物化し、不都合な事実を 隠蔽する体質を訴える内容だからマスコミは安倍政権に忖度をしてこの話をしなかったのか? #報道ステーション #サタデーステーション は #新型コロナ の話ばかり  #モーニングショー にはこういう話もして欲しかった

日本のマスコミは安倍政権の"不都合な情報"を報じないが、例えば今年の #日本アカデミー賞 で東京新聞記者の #望月衣塑子 氏の記者活動をモチーフに作製された映画『新聞記者』が作品賞を含め3冠を達成した事を殆ど報じていない #スッキリ #とくダネ #ぐっとラック  #昭恵氏花見 は酷い

@kickmamas @hong2010kong 新聞記者って映画こそ嘘まみれなのはご存知の上でのツイート?情弱だなあんた。

@hong2010kong マジ同感!糞左翼の妄想に呆れる!ノンフィクションの意味が理解出来ないアホ達!そしてフィクションをあたかも事実のように考え思っている!「新聞記者」はフィクション左翼の妄想!「福島50」とプロパガンダ映画を一緒にするな!

#クロス 赤木さんの奧様頑張って戦って欲しい。望月さん!映画、新聞記者の最後みたいな終わり方にしてはいけませんね。

@morning_cross 望月記者、映画「新聞記者」の日本アカデミー賞作品賞受賞おめでとうございます。この快挙には、菅官房長官もお喜びのことと思います。 ところで、望月記者は社会部所属なのに、なぜいつも官邸にいるのですか?東京新聞には政治部は無いのですか?

@hideki_mita こんにちは。原田マハも荻原浩も既出なので、敢えて映画で「スポットライト」をお勧めします。ただ主人公は新聞記者です。「言葉の力で社会を動かそうとする話」をお求めなら是非にといったところです。アカデミー脚本賞とっただけあり、セリフのキレが凄く、言葉ってこう使うのかと感銘を受けました。

やべえ アマゾンプライムの新聞記者という映画は、医クラにキレてた人が見ると点と点が繋がるかも

@noriseaze アニメや映画との区別はつけようね。あ、もしかして君は『新聞記者』って映画を実話だと思ってるタイプかな?

@ISOKO_MOCHIZUKI 「新聞記者」Amazon primeで見ました。400円。誰も知らない韓国人女優が主演女優賞、在日俳優が主演男優賞。韓国の為の韓国人による日本映画でした。中身は嘘ばかりのプロパガンダ映画。しかし出来映えはよかった。(笑)

新聞記者の松坂桃李は最後らへんの感情変化が男優賞取って当然の演技だったし シムウンギョンの死んだ親に直面したときの泣きや帰国子女という設定で日本語が少したどたどしい感じの喋り方の演技も素晴らしかった でも、前半が安倍政権批判するだけの残念な映画。もっと面白く作れたと思う。

本日… 邦画 永い言い訳 2016年    嘘を愛する女 2018年 連続一気視聴。 この種の映画視聴は久しぶりだった☕️ 後刻か後日… 都合を調整して 邦画 響ーHIBIKI 2018年 ハナレイ・ベイ 2018年    新聞記者 2019年 上記三作視聴予定☝️

近くの映画館で「新聞記者」のアンコール上映ってのをやっている。もうDVDも発売しているのに...。日本アカデミー賞効果ってことかな。

@hong2010kong 取材をしたと見せ掛けて、誘導する為の作品を作った結果、新聞記者というファンタジー映画が完成しました。

@oppaivurunvulun 物議を醸す作品〜センシティブに指定したとしてもおかしくない。→他の映画(地獄の黙示録など、私的に新聞記者よりも激しめと感じるものも)でも試しましたが普通に表示されます。 こういうのを踏まえると、新聞記者がピンポイントでセンシティブだと指定されたという主張は無理があると思います。

「新聞記者」見た。映画の内容的にはなんだかなぁという感じやったが、この映画をよく作ったなと感心はした。(テレビ放映はできないのでは?とも。)映画好きの夫は珍しく途中離脱。日本の政治や現代社会の背景知識がないと理解するのは難しいかもね。

遅れながら映画「新聞記者」を観た。日本のジャーナリズムに問題提起をした作品だ。モリカケ問題を題材にしていたが、驚いたのは、生物兵器が絡んでいたことである。

あれやねー、映画では男性の新聞記者だったけど、それが女性の新聞記者でゆうみちゃんなんだね。

@MASAT_O_fficial オススメというか、、、 気になっている映画載せときまーす🎥😁✌ 閉鎖病棟 新聞記者 最高の人生の見つけ方 (洋も邦も) 僕のワンダフル・ライフ 僕のワンダフル・ジャーニー かなぁ😊💗 わりと、ヒューマンドラマ系がお好みです😳

\劇場映画チケットが安くなるU-NEXT/

 

dailymotionやpandoraなどで違法アップロード作品を見るのは危険!

危険だと言われても、デイリーモーションやパンドラなどに「違法にアップロードされた動画を視聴したい」という方も中にはいらっしゃるかもしれません....パソコン・スマホのウィルス感染や、クレジットカードなど個人情報の流出が起きてしまっても問題がなければ、自己責任でご利用下さいm(_ _)m

※当サイトでは、違法アップロードされた動画の視聴は一切推奨しておりません)

当サイトでご紹介している動画配信サービスは、安全にたくさんの動画を楽しむことができますし、雑誌や有料コンテンツ(ポイントが付与される)を楽しめるものもあります。それなのに、あえてリスクの高い違法動画を選択する必要はありませんよね。関係者の利益を奪うばかりでなく、エンタメ業界の未来を蝕む行為でもあります。あなたが好きな動画だからこそ、作者・関係者のためにも、安心安全のネット配信サービスを利用しましょう♪

こちらの記事は、執筆時点(ページ上部記載)での情報です。最新情報は、公式ページ内にて作品名を検索し取り扱い状況をご確認ください。
 

スポンサーリンク

おすすめの記事