© 2004 Twentieth Century Fox Film Corporation. All rights reserved.
 

\すぐに視聴するならU-NEXTで/

 

【アイ,ロボット】の動画を無料でフル視聴したい!

「アイ,ロボット」の動画をフルで無料視聴したいあなた!劇場で見逃してしまったあなたも、再放送まで待てないあなたも、ネット配信サービスなら視聴が可能です。

「どの動画配信サービスで視聴できるの?」という質問もあるかと思いますがご安心下さい。作品配信中のサービスも、当サイトでリサーチ済みです!動画配信サービスごとの特徴も、業界を熟知した編集者自らがまとめておりますので、そちらも合わせてチェックしてみてください!

 

動画配信サービス人気6社からリサーチ!

U-NEXT FOD Hulu dTV クランクインビデオ TSUTAYA TV
 配信状況 × ×
 無料お試し期間 31日間 1ヶ月 2週間 31日間 なし 31日間
入会後付与pt 600pt 100pt - - 3,000pt(今なら+1500ptプレゼント 1,080pt
月額料金 1,990円 888円 933円 500円 1,500円 933円
公式サイト U-NEXT FOD Hulu dTV クランクインビデオ TSUTAYA TV

(◯:見放題、無料キャンペーン中も視聴可能/△:ポイント使用で視聴可能/×:視聴不可)

「アイ,ロボット」は記事執筆時点(ページ上部に記載)で、「U-NEXT」「Hulu」にて視聴可能です!月額会員が見放題となるのはこれらのサービスだけです。無料キャンペーン期間も見放題で楽しめますので、お得に作品を楽しんじゃいましょう♪

TSUTAYA TV」については、登録後に付与されるポイントを使用すれば実質無料で楽しむことが出来ますよ☆

クランクインビデオ」については、通常ポイントに加えて+1,500pt分が付与されるキャンペーン中ですので、他のサービスよりもお得に楽しむことができます。(公式ページ上に表記がない場合は、終了となっています。予めご了承下さい。)

個別にサービスの特徴やメリット・デメリットをご紹介していきますので、あなたにあったサービスをチェックしてみてくださいね^^

 

「アイ,ロボット」以外にも色々な作品も楽しむならU-NEXT

U-NEXTの魅力は、取り扱い作品の多さにあります!見放題作品は90,000本以上、ポイント消費が必要な有料コンテンツを含めると120,000本以上もの映像作品が視聴出来ます!

月額会員は毎月1,200ポイントが自動的に付与されるので(毎月1日)、公開から時間の経っていない話題作などもたっぷり楽しめちゃいます。初月無料のキャンペーン中でも600ポイントが付与されるので、初月からU-NEXTの有料コンテンツを試すことが可能です。(新作は540pt消費が多いです^^)

実際に使ってみて合わないようだったら、無料期間が終わらないうちに解約することも可能なので、気軽にお試し出来ますよ☆

U-NEXTの特徴とメリット

  • 見放題作品数が90,000本以上、有料コンテンツも50,000本以上
  • 初回31日間の無料トライアル中に600ポイント付与!
  • キャンペーン後は毎月1,200ポイント付与
  • 動画作品の他、有名雑誌70誌以上が読み放題(雑誌購読者はこれだけで元が取れます)
  • コミックや電子書籍も、ポイントで購入可能!(マンガ購読者は超節約出来ます)
  • 3つまでアカウントを無料追加可能!視聴履歴などもバレません

U-NEXTのデメリット

  • 月額料金が1,990円(税抜)と他に比べると少し高い(31日間は完全無料で楽しめます)

 

「アイ,ロボット」以外も、気にせず見放題で楽しみたいあなたにはHulu(フールー)

Huluの特徴は、配信されている作品「全てが見放題コンテンツ」という点です!会員になれば全てのサービスを利用できます。Huluの強みといえばなんと言っても海外ドラマ!海外ドラマ好きは非常に利用価値が高いはずです。(もちろん国内作品も豊富に取り扱っています☆)

「ウォーキング・デッド」「プリズン・ブレイク」「ザ・ラストシップ」など、人気タイトルがずらり揃っています。海外ドラマファンはもちろんのこと、(私のような)まだ親しみの浅い海外ドラマ初心者にもおすすめです!「イッキ見」作品が揃っているので、思わぬ出会いがあるかもしれませんよ^^

無料トライアル期間が「2週間」と他サービスより短めなんですが、全て見放題作品ということで「有料かどうか」を気にする必要がありません。そのため、動画配信サービスが初めてという方には特におすすめです。

Huluの特徴とメリット

  • 2週間無料トライアルで、全ての作品が見放題に!(月額933円:税抜)
  • 海外ドラマのラインナップが豊富!ドラマ、映画、アニメもたくさん!
  • 全て見放題作品なので、動画配信サービス初めての方にも使いやすい

Huluのデメリット

  • 最新映画の配信が遅め。観たい方は他のほうがいいかも。
  • ドラマ作品に比べて映画のラインナップが少なめ
  • 吹き替え版の作品が少なめ(他サービスでも吹き替え版は少ない)

 

「アイ,ロボット」を楽しみつつ、他新作も楽しむならクランクインビデオ

クランクインビデオは、人気の映画やドラマなど最新作に強い動画配信サービスです!他社よりも新しいサービスということで、配信数はあまり比べられないのですが、月額料金に対してのポイント還元数が大変魅力的です!月額1,500円(税別)に対し、付与されるポイントはなんと3000ポイント!還元率のいいU-NEXTですら、1,990円(税別)の月額に対して1200ポイントですから、いかにクランクインビデオの還元率が高いかが分かります!新作映画換算で、毎月5本も視聴できる計算なので、劇場公開からまもないタイトルを視聴するのにはもってこいと言えます。

今ならキャンペーンで1500ポイントがプレゼントされるため、2本は新作タイトルを追加で楽しむことが出来ますよ。

クランクインビデオの特徴とメリット

  • 月額1,500円(税別)で、3000ポイントも付与され、新作タイトルが5本も視聴可能!
  • 今なら1500ptプレゼントされるので、新作を2本はチェックできる。(表示がなければ終了)

クランクインビデオのデメリット

  • 配信数が10000本と、他社と比較して少ない(新作に特化しているとも言える)
  • 1,500円(税別)を高いと感じる可能性も

 

「アイ,ロボット」を安く楽しみつつレンタルDVDも...ならTSUTAYA TV

TSUTAYA TVは、あのTSUTAYAが運営する動画配信サービスで、新作・準新作を覗いた8,000タイトルが見放題で視聴可能になります(見放題以外の作品と合わせると32,000本以上)。他サービスが数万作品が見放題となることを考えると、見劣りしてしまうのは否めません^^;

ただ、毎月1,080ポイント付与されるので、そのポイントを使って新作・準新作を楽しむことも出来ます。そこまで動画視聴する時間はないけど、毎月少しだけ新作を楽しみたい場合にはいいかもしれません。

レンタルサービス(通常933円+1,865円:税抜)もセットになったプランを、30日間無料で利用できるお試しキャンペーンがあって、見放題作品にないものなどは、DVDの実物を郵送でレンタルできる体制になっています。自宅の機器で、高画質で楽しみたい場合や、他のどのサービスにもない作品を観たい場合にはぴったりですね!

 

TSUTAYA TVの特徴とメリット

  • 月額933円(税抜)で(32,000本以上のうち)8,000タイトルが見放題に。
  • 毎月1,080ポイントが付与されるので、新作・準新作も楽しめる!
  • 画質・音質にこだわる方や、観たい作品が他のどの配信サービスにもない場合には重宝する

TSUTAYA TVのデメリット

  • 見放題作品数が8,000タイトルと、他配信サービスに比べて少ない

 

【アイ,ロボット】作品情報

© 2004 Twentieth Century Fox Film Corporation. All rights reserved.

『アイ,ロボット』見どころ

アレックス・プロヤスがSF作家アイザック・アシモフの短編をモチーフに映画化。決して人間を襲わないはずだったロボットたちの反乱は、現代社会への警鐘にも思えてゾッ!

『アイ,ロボット』ストーリー

ロボットと人間が共存する2035年のシカゴで、ロボット工学博士が死亡する。捜査を担当したスプーナー刑事が疑いの目を向けたのは、1台のロボット・サニー。人間を襲わないプログラミングがされているはずのロボットだが、サニーだけは違っていて…。

『アイ,ロボット』キャスト

  • (デル・スプーナー刑事) ウィル・スミス
  • (スーザン・カルヴィン博士) ブリジット・モイナハン
  • (ランス・ロバートソン) ブルース・グリーンウッド
  • (ジョン・バーギン副署長) シャイ・マクブライド
  • (サニー) アラン・テュディック
  • (アルフレッド・ラニング博士) ジェームズ・クロムウェル
  • (ファーバー) シャイア・ラブーフ
  • エミリー・テナント
  • ジェリー・ワッサーマン
  • (祖母) エイドリアン・L・リカード

『アイ,ロボット』スタッフ

  • 監督 アレックス・プロヤス
  • 原作 アイザック・アシモフ
  • 音楽 マルコ・ベルトラミ
  • 脚本 アキヴァ・ゴールズマン
    ジェフ・ヴィンター
  • 製作 ジョン・デイヴィス
    ウィク・ゴッドフリー
    トファー・ダウ
    ローレンス・マーク

『アイ,ロボット』についてのみんなの声

まあ「アイ,ロボット」のシーンでもあったように、自動運転が基本だが万が一のため手動でも運転出来る、っていう感じに落ち着くだろうなぁ。 自分で運転することが刑罰に値する行為だと認められてしまうような頃には俺はきっと運転出来るような体じゃないか、既に死んでる😁

119之助の「生存者の救助を優先すべきです」って台詞、アイ,ロボットでスプーナー刑事を救助したロボを思い出しちゃったな ロボは良くも悪くもデータと効率と確率に縛られる

『アイ、ロボット』は、たしか、小学校の3年かその前くらいに、「ロビイ」と「堂々めぐり」ともう一篇が入った絵本を読んで、夢中になったのを覚えている(和田さんのイラスト入りの『くるったロボット』ではなくて、リアルな画風の絵だった)。あれが初SF体験だったのではないかな~。

アイ,ロボットを久しぶりに見たけどやっぱ面白い映画だなぁ。

アイ、ロボット吹替は森田(順平)さんのお声も聞けるから楽しいねぇ🐱 フジテレビ版の方はサニーが森田さんなんだよねー。もう一度みたいなぁ。

アイ、ロボット大好きなんだけど、映画館で見たあと、一緒にいた友達に興奮ぎみに「私サニー好きかもしれん」って言ったら「だろうと思ったよwwほんと分かりやすいww」 サニーけなげなんだもん…好き…

今朝、WOWOWでやってたアイ、ロボット見てるんだけど、やっぱりワンシーンだけ猫が出てくるの唐突でw 猫をだしたかったのかなww かわいいから許すwww

アイ、ロボット見入ってしまったではないか…笑 何度観てもサニーがウインクで気付かせるシーンはグッときてしまう🥺 久しぶりにA.I.も観たくなったなあ🥺 あ、シックス・センスも観たいぞ🥺 とりあえず買い物行かないとだな☀︎

あああ、『アイ,ロボット』最後まで観てしまった。何度も何度も観てるのに。よくできた映画。もう12時回っちゃってる。。。😣 #WOWOW #アイロボット

アイ、ロボットでNS-5のやっとることがまんま現代で起こっとることで草

アイ、ロボットっていつも溶鉱炉に自殺するロビタ思い出す。足がクソなためWOWOW観るしかやることなーい

アイ・ロボット天才的に面白い

WOWOWでアイ,ロボットやってる!! 観る〜(*´▽`*)

@wspmms うおォン / そぅいうほれっぽぃ所とか斎藤かわいぃとこ出していかなぃと、人間とかAIなんてアイ・ロボットみたぃなんと思ってるんだから

@ogiribeta そぅいうほれっぽぃ所とか斎藤かわいぃとこ出していかなぃと、人間とかAIなんてアイ・ロボットみたぃなんと思ってるんだから

アイ,ロボットとかチャッピーとかみたいに、ウイルス感染させたら一瞬で全部静止したりしないかな こいつもウイルスだけどな😠😠

@chiaki_srhs アイ・ロボット アクション AIロボを作った博士がそのロボに殺されたとこから始まるストーリー その謎を解くべく警官である主人公が奮闘する ウィル・スミス主演!

アイ,ロボットだったっけ??ロボットが人を救うときに、より助からない確率の高いほうだけを優先して主人公を助けてしまって、自分よりも将来のある少女を死なせてしまったロボットの判断を憎む展開を思い出して泣いた

「次の右側の出口から出てください。」 Please take the next exit to your right. take the next exit「次の出口から出る」 映画「アイ、ロボット」より。

 

dailymotionやpandoraなどで違法アップロード作品を見るのは危険!

危険だと言われても、デイリーモーションやパンドラなどに「違法にアップロードされた動画を視聴したい」という方も中にはいらっしゃるかもしれません....パソコン・スマホのウィルス感染や、クレジットカードなど個人情報の流出が起きてしまっても問題がなければ、自己責任でご利用下さいm(_ _)m

※当サイトでは、違法アップロードされた動画の視聴は一切推奨しておりません)

当サイトでご紹介している動画配信サービスは、安全にたくさんの動画を楽しむことができますし、雑誌や有料コンテンツ(ポイントが付与される)を楽しめるものもあります。それなのに、あえてリスクの高い違法動画を選択する必要はありませんよね。関係者の利益を奪うばかりでなく、エンタメ業界の未来を蝕む行為でもあります。あなたが好きな動画だからこそ、作者・関係者のためにも、安心安全のネット配信サービスを利用しましょう♪

こちらの記事は、執筆時点(ページ上部に記載)での情報です。最新情報は、公式ページ内にて作品名を検索し取り扱い状況をご確認ください。
 

スポンサーリンク

おすすめの記事