©こうの史代・双葉社/「この世界の片隅に」製作委員会
 

\すぐに視聴するならU-NEXTで/

 

動画配信サービス人気6社からリサーチ!

U-NEXT FOD Hulu dTV クランクインビデオ TSUTAYA TV
 配信状況 × ×
 無料お試し期間 31日間 2週間 2週間 31日間 なし 31日間
入会後付与pt 600pt 100pt - - 3,000pt(今なら+1500ptプレゼント 1,080pt
月額料金 1,990円 888円 933円 500円 1,500円 933円
公式サイト U-NEXT FOD Hulu dTV クランクインビデオ TSUTAYA TV

(◯:見放題、無料キャンペーン中も視聴可能/△:ポイント使用で視聴可能/×:視聴不可)

「この世界の片隅に」は記事執筆時点(ページ上部に記載)で、「U-NEXT」「Hulu」「TSUTAYA TV」にて視聴可能です!月額会員が見放題となるのはこれらのサービスだけです。無料キャンペーン期間も見放題で楽しめますので、お得に作品を楽しんじゃいましょう♪

クランクインビデオ」については、登録後に付与されるポイントを使用してお得に楽しむことが出来ますよ☆

個別にサービスの特徴やメリット・デメリットをご紹介していきますので、あなたにあったサービスをチェックしてみてくださいね^^

 

「この世界の片隅に」以外にも色々な作品も楽しむならU-NEXT

U-NEXTの魅力は、取り扱い作品の多さにあります!見放題作品は90,000本以上、ポイント消費が必要な有料コンテンツを含めると120,000本以上もの映像作品が視聴出来ます!

月額会員は毎月1,200ポイントが自動的に付与されるので(毎月1日)、公開から時間の経っていない話題作などもたっぷり楽しめちゃいます。初月無料のキャンペーン中でも600ポイントが付与されるので、初月からU-NEXTの有料コンテンツを試すことが可能です。(新作は540pt消費が多いです^^)

実際に使ってみて合わないようだったら、無料期間が終わらないうちに解約することも可能なので、気軽にお試し出来ますよ☆

U-NEXTの特徴とメリット

  • 見放題作品数が90,000本以上、有料コンテンツも50,000本以上
  • 初回31日間の無料トライアル中に600ポイント付与!
  • キャンペーン後は毎月1,200ポイント付与
  • 動画作品の他、有名雑誌70誌以上が読み放題(雑誌購読者はこれだけで元が取れます)
  • コミックや電子書籍も、ポイントで購入可能!(マンガ購読者は超節約出来ます)
  • 3つまでアカウントを無料追加可能!視聴履歴などもバレません

U-NEXTのデメリット

  • 月額料金が1,990円(税抜)と他に比べると少し高い(31日間は完全無料で楽しめます)

 

スポンサーリンク

 

「この世界の片隅に」以外も、気にせず見放題で楽しみたいあなたにはHulu(フールー)

Huluの特徴は、配信されている作品「全てが見放題コンテンツ」という点です!会員になれば全てのサービスを利用できます。Huluの強みといえばなんと言っても海外ドラマ!海外ドラマ好きは非常に利用価値が高いはずです。(もちろん国内作品も豊富に取り扱っています☆)

「ウォーキング・デッド」「プリズン・ブレイク」「ザ・ラストシップ」など、人気タイトルがずらり揃っています。海外ドラマファンはもちろんのこと、(私のような)まだ親しみの浅い海外ドラマ初心者にもおすすめです!「イッキ見」作品が揃っているので、思わぬ出会いがあるかもしれませんよ^^

無料トライアル期間が「2週間」と他サービスより短めなんですが、全て見放題作品ということで「有料かどうか」を気にする必要がありません。そのため、動画配信サービスが初めてという方には特におすすめです。

Huluの特徴とメリット

  • 2週間無料トライアルで、全ての作品が見放題に!(月額933円:税抜)
  • 海外ドラマのラインナップが豊富!ドラマ、映画、アニメもたくさん!
  • 全て見放題作品なので、動画配信サービス初めての方にも使いやすい

Huluのデメリット

  • 最新映画の配信が遅め。観たい方は他のほうがいいかも。
  • ドラマ作品に比べて映画のラインナップが少なめ
  • 吹き替え版の作品が少なめ(他サービスでも吹き替え版は少ない)

 

「この世界の片隅に」を楽しみつつ、他新作も楽しむならクランクインビデオ

クランクインビデオは、人気の映画やドラマなど最新作に強い動画配信サービスです!他社よりも新しいサービスということで、配信数はあまり比べられないのですが、月額料金に対してのポイント還元数が大変魅力的です!月額1,500円(税別)に対し、付与されるポイントはなんと3000ポイント!還元率のいいU-NEXTですら、1,990円(税別)の月額に対して1200ポイントですから、いかにクランクインビデオの還元率が高いかが分かります!新作映画換算で、毎月5本も視聴できる計算なので、劇場公開からまもないタイトルを視聴するのにはもってこいと言えます。

今ならキャンペーンで1500ポイントがプレゼントされるため、2本は新作タイトルを追加で楽しむことが出来ますよ。

クランクインビデオの特徴とメリット

  • 月額1,500円(税別)で、3000ポイントも付与され、新作タイトルが5本も視聴可能!
  • 今なら1500ptプレゼントされるので、新作を2本はチェックできる。(表示がなければ終了)

クランクインビデオのデメリット

  • 配信数が10000本と、他社と比較して少ない(新作に特化しているとも言える)
  • 1,500円(税別)を高いと感じる可能性も

 

「この世界の片隅に」を安く楽しみつつレンタルDVDも...ならTSUTAYA TV

TSUTAYA TVは、あのTSUTAYAが運営する動画配信サービスで、新作・準新作を覗いた8,000タイトルが見放題で視聴可能になります(見放題以外の作品と合わせると32,000本以上)。他サービスが数万作品が見放題となることを考えると、見劣りしてしまうのは否めません^^;

ただ、毎月1,080ポイント付与されるので、そのポイントを使って新作・準新作を楽しむことも出来ます。そこまで動画視聴する時間はないけど、毎月少しだけ新作を楽しみたい場合にはいいかもしれません。

レンタルサービス(通常933円+1,865円:税抜)もセットになったプランを、30日間無料で利用できるお試しキャンペーンがあって、見放題作品にないものなどは、DVDの実物を郵送でレンタルできる体制になっています。自宅の機器で、高画質で楽しみたい場合や、他のどのサービスにもない作品を観たい場合にはぴったりですね!

 

TSUTAYA TVの特徴とメリット

  • 月額933円(税抜)で(32,000本以上のうち)8,000タイトルが見放題に。
  • 毎月1,080ポイントが付与されるので、新作・準新作も楽しめる!
  • 画質・音質にこだわる方や、観たい作品が他のどの配信サービスにもない場合には重宝する

TSUTAYA TVのデメリット

  • 見放題作品数が8,000タイトルと、他配信サービスに比べて少ない

 

【この世界の片隅に】作品情報

©こうの史代・双葉社/「この世界の片隅に」製作委員会

『この世界の片隅に』見どころ

能年玲奈改め“のん”がアニメ映画に初挑戦し、絶賛された。戦時下でも繰り返される何気ない日常。ごく普通の人々のドラマを等身大に描き、静かな感動を呼ぶ。

『この世界の片隅に』ストーリー

昭和19年、絵を描くことが好きなすずは海軍の街・呉に嫁ぐ。見知らぬ土地に戸惑いながらも、一家の日々の食卓を作り出すために工夫を凝らす。だが、戦争は進み、日本海軍の根拠地だった呉は、幾度もの空襲に襲われる。そして、昭和20年の夏がやってきた。

『この世界の片隅に』キャスト

  • (北條(浦野)すず)のん
  • (北條周作)細谷佳正
  • (黒村晴美)稲葉菜月
  • (黒村径子)尾身美詞
  • (水原哲)小野大輔
  • (浦野すみ)潘めぐみ
  • (白木リン)岩井七世
  • (北條円太郎)牛山茂
  • (北條サン)新谷真弓
  • (浦野十郎)小山剛志

『この世界の片隅に』スタッフ

  • 監督 片渕須直
  • 原作 こうの史代
  • アニメーション制作 MAPPA
  • 音楽 コトリンゴ
  • 脚本 片渕須直

『この世界の片隅に』についてのみんなの声

「水は海に向かって流れる」はアニメでも小説でもドラマでも映画でも駄目で漫画だからこその良さが詰まっていて面白かったんですよ。でも漫画がめちゃすごいのにアニメ映画もハンパない傑作になった「この世界の片隅に」やドラマ化大成功の「のだめカンタービレ」の前例もあるからなあ

眠れないから録画してたアニメ見たらさらに眠れなくなったシリーズ第2弾 この世界の片隅にを見たら胸が締め付けられてさらに眠れなくなった 夕凪の街、桜の国を読んだ時もそうだったんだけどこうの史代の漫画は絵柄とのギャップもあるけどとてつもなく心をえぐられる

@sasakijoh 細部に神は宿る。アニメ映画「この世界の片隅に」劇中の天候(雲の位置)は全て当時の気象図にもとづいているそうです。

@tokai205kei @kikku1993 この4都市の観光案内所にあるアニメ聖地スタンプが🍛屋にスルーされ続けている問題。横須賀ははいふり、呉はこの世界の片隅にがあるからもう1つのはそろそろ撤去してもいいんじゃないかな。舞鶴と佐世保を舞台にした大ヒット作品が早く出るといいですね。

@byebyealspuntin もう、経験済みかと? この世界の片隅に。 アニメ版がいいです。 感涙です。

@Tk7jGbaXBHR9YVP 原作をより深く掘り下げて見応えがありますね。制作スタジオはMAPPA。虫プロで企画制作として頭角を表し、角川アニメ、マッドハウスで先鋭的な作品を輩出した丸山正雄が立ち上げた会社です。りんたろうの片腕、今敏、細田守を世に知らしめ、『この世界の片隅に』制作の際片渕須直を支えた人。

@Fujii_Ya1013 こんばんは☆「この世界の片隅に」というアニメを思い出す写真ですね😉船のシルエットがすごい❕❕

そういった意味でも私の感銘をうけた土俵にしていきたい女性はアニメだけど「この世界の片隅に」のすずさんなんだよね。強く弱く強く、とっても素敵な女性だと思う。憧れる。

私の性癖突き刺さりまくりアニメ映画あげるなら 堂々の1位は「鋼の錬金術師シャンバラを征く者」 2位に「この世界の(さらにいくつもの)片隅に」 3位に「この世界の片隅に」 4位に「同級生」 5位に「屍者の帝国」 を持ってくる 鋼は永遠に私の中では不動の1位だけど、この世界の片隅にが強すぎる

参考までに、アニメ映画「この世界の片隅に」では、登場人物が喫茶店の事を「きっちゃてん」と呼ぶシーンが出てきます。

この世界の片隅に のアニメやっと観た😭戦争ものは、本当時代背景もそうだけど泣ける このアニメの奥が深すぎて、うぁー😭😭😭状態 最初は、2人のラブラブな雰囲気が好きだったが愛する人って奥深いよね😭

戦闘機好きのダメ人間の皆さん。知ってますか? 「この世界の片隅に」& 長尺版の「この世界のさらにいくつもの片隅に」 「エースコンバット04」のアニメパート どちらも監督は片渕須直です。 #この世界のさらにいくつもの片隅に #片渕須直 #エースコンバット #戦闘機

@NoyuBH 邦画 七人の侍、雨あがる、飛ぶ夢をしばらく見ない アニメ この世界の片隅に(同、さらにいくつもの~)、君の名は ※映画じゃないけど「灰羽連盟」はお薦め (続く)

「火垂るの墓」の戦時下での日々の営みや深刻な中でも楽しさを見出そうとする兄妹、「おもひでぽろぽろ」「かぐや姫の物語」少女から大人になる女性が自分の居場所を故郷から離れて探す旅、「となりの山田くん」ゆるやかな家族の日常にある現実、アニメ「この世界の片隅に」と通じるものを感じた。

@suginamigakuin_ こっちは俺が知ってるのはあんましないかな 広島を舞台にしたアニメ映画とかならあるけど『この世界の片隅に』とか でもやっぱ聖地とかは関東方面の方が圧倒的に多いと思う

個人的には「この世界の片隅に」は全国民に一度は見て欲しいアニメではある

アニメ映画 映画ドラゴンボール ブロリー となりのトトロ アラジン 美女と野獣 ターザン バグズライフ(英語) ダイナソー トイストーリー1〜4 アナと雪の女王 もののけ姫 千と千尋の神隠し かぐや姫の物語 崖の上のポニョ 風立ちぬ この世界の片隅に スタートゥインクルプリキュア

『この世界の片隅に』がAC松本で上映された時に羨ましくてたまらなかったが、ようやく音響にこだわったアニメ映画がAC四條畷のVIVEAUDIOの箱で上映されることを大歓迎したい。来れる人はみんな来て欲しい。次につなげたいのよ。 さて、土曜か日曜の夜中に抜け出すの家族と調整じゃなw

@Jas_304 アニメ/漫画だとメジャー、ピンポン、ハガレン、ヤマト、聲の形、この世界の片隅に、かぐや様、秒速5cm、まどマギetc… 小説だと星新一と海堂尊の著作全般ですね… 挙げてみると我ながら雑多すぎる笑

訳あってこの世界の片隅にを見返したけど、 やっぱり最高の作品だ。。 本当に何回見ても楽しめる。 全人類に見てほしいアニメ映画。

 

dailymotionやpandoraなどで違法アップロード作品を見るのは危険!

危険だと言われても、デイリーモーションやパンドラなどに「違法にアップロードされた動画を視聴したい」という方も中にはいらっしゃるかもしれません....パソコン・スマホのウィルス感染や、クレジットカードなど個人情報の流出が起きてしまっても問題がなければ、自己責任でご利用下さいm(_ _)m

※当サイトでは、違法アップロードされた動画の視聴は一切推奨しておりません)

当サイトでご紹介している動画配信サービスは、安全にたくさんの動画を楽しむことができますし、雑誌や有料コンテンツ(ポイントが付与される)を楽しめるものもあります。それなのに、あえてリスクの高い違法動画を選択する必要はありませんよね。関係者の利益を奪うばかりでなく、エンタメ業界の未来を蝕む行為でもあります。あなたが好きな動画だからこそ、作者・関係者のためにも、安心安全のネット配信サービスを利用しましょう♪

こちらの記事は、執筆時点(ページ上部に記載)での情報です。最新情報は、公式ページ内にて作品名を検索し取り扱い状況をご確認ください。
 

スポンサーリンク

おすすめの記事