(C)2019 WIT STUDIO / Tokyo New Cinema

>>>【入れなきゃ損】 普段のネット検索で「楽天ポイント」が貯まる!<<<

 

\劇場映画チケットが安くなるU-NEXT/

 

スポンサーリンク

動画配信サービス人気6社からリサーチ!

U-NEXT FOD Hulu dTV クランクインビデオ TSUTAYA TV
 配信状況
 無料お試し期間 31日間 1ヶ月 2週間 31日間 なし 31日間
入会時付与pt(お試しポイント) 600pt 100pt - - 3,000pt(+1,500ptプレゼント企画実施中) 1,080pt
月額料金(税別) 1,990円 888円 933円 500円 1,500円 933円
公式サイト U-NEXT FOD Hulu dTV クランクインビデオ TSUTAYA TV

(◯:見放題、無料キャンペーン中も視聴可能/△:ポイント使用で視聴可能/×:視聴不可)

「わたしは光をにぎっている」は記事公開時点で(ページ上部記載)、「U-NEXT」「FOD」「Hulu」「dTV」「クランクインビデオ」「TSUTAYA TV」いずれの大手動画サービスでも配信されていません。通常、劇場公開より3ヶ月〜半年ほどで視聴可能になるケースがほとんどですので、ご自宅で楽しむのであればそれまで待つ必要があります。

動画配信が始まるまで待てない!

「動画配信されるまで待てない!」そんなあなたには、「劇場で通常より安く楽しむ方法」がおすすめです。それが、「U-NEXT」のポイントを使用したチケット購入で、会員に毎月付与されるポイントを活用することで、指定の劇場の映画チケットを割引購入することができるんです!(※U-NEXTの公式サイトで割引される劇場を確認)

初回登録の31日間に付与されるお試しポイント(600円分)も、劇場チケットの割引に活用できますので、映画好き必見のサービスになっています。ちなみに、無料期間が終わったあとは、毎月1200円分のポイントが付与されるので、自宅で動画を楽しみつつ、お得に劇場映画を楽しむことも出来ますよ〜♪

というわけで、映画チケットがお得に買える「U-NEXT」をはじめ、当サイトでご紹介している6サービスの特徴についてもご紹介します。

 

スポンサーリンク

「わたしは光をにぎっている」以外にも色々な作品も楽しむならU-NEXT

U-NEXTの魅力は、取り扱い作品の多さにあります!見放題作品は90,000本以上、ポイント消費が必要な有料コンテンツを含めると120,000本以上もの映像作品が視聴出来ます!

月額会員は毎月1,200ポイントが自動的に付与されるので(毎月1日)、公開から時間の経っていない話題作などもたっぷり楽しめちゃいます。初月無料のキャンペーン中でも600ポイントが付与されるので、初月からU-NEXTの有料コンテンツを試すことが可能です。(新作は540pt消費が多いです^^)

実際に使ってみて合わないようだったら、無料期間が終わらないうちに解約することも可能なので、気軽にお試し出来ますよ☆

U-NEXTの特徴とメリット

  • 見放題作品数が90,000本以上、有料コンテンツも50,000本以上
  • 初回31日間の無料トライアル中に600ポイント付与!
  • キャンペーン後は毎月1,200ポイント付与
  • ポイントは有料コンテンツの他、劇場映画のチケットにも使用可能
  • 動画作品の他、有名雑誌70誌以上が読み放題(雑誌購読者はこれだけで元が取れます)
  • コミックや電子書籍も、ポイントで購入可能!(マンガ購読者は超節約出来ます)
  • 3つまでアカウントを無料追加可能!視聴履歴などもバレません

U-NEXTのデメリット

  • 月額料金が1,990円(税抜)と他に比べると少し高い(31日間は完全無料で楽しめます)

 

スポンサーリンク

 

「わたしは光をにぎっている」以外に懐かしのドラマやアニメ、雑誌も楽しむならFOD

FODプレミアムでは、ドラマ・バラエティ・アニメ・映画など人気の動画が多数配信されています。「ラブオアノット2」「彼氏をローンで買いました」「ラブホの上野さん」など、FODでしか観られない人気のオリジナル作品があるのも魅力の一つです。

無料・有料合わせて動画作品は50,000本以上、これだけ沢山の動画コンテンツを楽しめて、月額888円(税別)とは破格とは驚きですよね。しかも追加料金なしで、人気雑誌70誌以上も読み放題なんです。雑誌によっては、FODの月額料金が1冊の金額と同じくらいのものもありますので、雑誌購入者からしたら得しかないサービスと言えます。

使い勝手が試せるように、1ヶ月間の無料キャンペーンがありますので是非ご活用ください。見放題動画や雑誌を堪能して、無料期間中に退会しても問題アリませんのでお気軽にどうぞ☆

FODの特徴とメリット

  • 見放題&有料の映像作品が合計50,000本以上!往年の名作やオリジナル作品も楽しめる!
  • 動画コンテンツ以外にも、人気雑誌70誌以上が読み放題(雑誌購読者はこれだけで元が取れる)
  • 毎月”8のつく日”に400ポイント付与キャンペーン!(最大1,300ptゲット可能
  • コミックや電子書籍は、付与ポイントで購入可能!(漫画購入者はかなり節約出来る)

FODのデメリット

  • フジテレビ作品への偏り感が否めない(逆に、FODでしか観られない作品も多い)

 

「わたしは光をにぎっている」以外も、気にせず見放題で楽しみたいあなたにはHulu(フールー)

Huluの特徴は、配信されている作品「全てが見放題コンテンツ」という点です!会員になれば全てのサービスを利用できます。Huluの強みといえばなんと言っても海外ドラマ!海外ドラマ好きは非常に利用価値が高いはずです。(もちろん国内作品も豊富に取り扱っています☆)

「ウォーキング・デッド」「プリズン・ブレイク」「ザ・ラストシップ」など、人気タイトルがずらり揃っています。海外ドラマファンはもちろんのこと、(私のような)まだ親しみの浅い海外ドラマ初心者にもおすすめです!「イッキ見」作品が揃っているので、思わぬ出会いがあるかもしれませんよ^^

無料トライアル期間が「2週間」と他サービスより短めなんですが、全て見放題作品ということで「有料かどうか」を気にする必要がありません。そのため、動画配信サービスが初めてという方には特におすすめです。

Huluの特徴とメリット

  • 2週間無料トライアルで、全ての作品が見放題に!(月額933円:税抜)
  • 海外ドラマのラインナップが豊富!ドラマ、映画、アニメもたくさん!
  • 全て見放題作品なので、動画配信サービス初めての方にも使いやすい

Huluのデメリット

  • 最新映画の配信が遅め。観たい方は他のほうがいいかも。
  • ドラマ作品に比べて映画のラインナップが少なめ
  • 吹き替え版の作品が少なめ(他サービスでも吹き替え版は少ない)

 

「わたしは光をにぎっている」を最安値で楽しみたいあなたにはdTV

dTVの特徴は、なんといっても破格な料金!動画配信サービス業界で最安クラスの月額500円(税別)!それでいて、12万作品もの動画が見放題になります。初めて知ったときは驚きを隠せませんでした。数十年前の作品やニッチな作品もあるので、かなり幅広い要望に応えられるのではないかと思います。

ただ、海外作品には弱い印象が.....。人気の海外ドラマを楽しみたい場合にはHuluなど別サービスがいいですね。

とはいえ、この価格で人気作品を満喫できるのはdTVだけ!無料トライアル期間を利用して、一度お試ししてみるといいかもしれませんね。もし合わなければ、無料期間内での退会も大丈夫なので安心です。

dTVの特徴とメリット

  • 月額500円(税抜)で12万本もの動画コンテンツが見放題!
  • 端末にダウンロードして、外出先でも動画を楽しめる♪

dTVのデメリット

  • 画質やアカウント数など若干の制限がある
  • U-NEXTなどに比べアニメ・ドラマなどが少なく、取り扱い作品数に対して観たい作品が少ない印象

 

「わたしは光をにぎっている」を実質無料で楽しみつつ、他新作も楽しむならクランクインビデオ

クランクインビデオは、人気の映画やドラマなど最新作に強い動画配信サービスです!他社よりも新しいサービスということで、配信数はあまり比べられないのですが、月額料金に対してのポイント還元数が大変魅力的です!月額1,500円(税別)に対し、付与されるポイントはなんと3000ポイント!還元率のいいU-NEXTですら、1,990円(税別)の月額に対して1200ポイントですから、いかにクランクインビデオの還元率が高いかが分かります!新作映画換算で、毎月5本も視聴できる計算なので、劇場公開からまもないタイトルを視聴するのにはもってこいと言えます。

今ならキャンペーンで1500ポイントがプレゼントされるため、2本は新作タイトルを追加で楽しむことが出来ますよ。

クランクインビデオの特徴とメリット

  • 月額1,500円(税別)で、3000ポイントも付与され、新作タイトルが5本も視聴可能!
  • 今なら1500ptプレゼントされるので、新作を2本はチェックできる。(表示がなければ終了)

クランクインビデオのデメリット

  • 配信数が10000本と、他社と比較して少ない(新作に特化しているとも言える)
  • 1,500円(税別)を高いと感じる可能性も

 

「わたしは光をにぎっている」を安く楽しみつつレンタルDVDも...ならTSUTAYA TV

TSUTAYA TVは、あのTSUTAYAが運営する動画配信サービスで、新作・準新作を覗いた8,000タイトルが見放題で視聴可能になります(見放題以外の作品と合わせると32,000本以上)。他サービスが数万作品が見放題となることを考えると、見劣りしてしまうのは否めません^^;

ただ、毎月1,080ポイント付与されるので、そのポイントを使って新作・準新作を楽しむことも出来ます。そこまで動画視聴する時間はないけど、毎月少しだけ新作を楽しみたい場合にはいいかもしれません。

レンタルサービス(通常933円+1,865円:税抜)もセットになったプランを、30日間無料で利用できるお試しキャンペーンがあって、見放題作品にないものなどは、DVDの実物を郵送でレンタルできる体制になっています。自宅の機器で、高画質で楽しみたい場合や、他のどのサービスにもない作品を観たい場合にはぴったりですね!

TSUTAYA TVの特徴とメリット

  • 月額933円(税抜)で(32,000本以上のうち)8,000タイトルが見放題に。
  • 毎月1,080ポイントが付与されるので、新作・準新作も楽しめる!
  • 画質・音質にこだわる方や、観たい作品が他のどの配信サービスにもない場合には重宝する

TSUTAYA TVのデメリット

  • 見放題作品数が8,000タイトルと、他配信サービスに比べて少ない

 

【わたしは光をにぎっている】作品情報

(C)2019 WIT STUDIO / Tokyo New Cinema

「わたしは光をにぎっている」見どころ

20歳の宮川澪は、両親を早くに亡くし、祖母と2人で長野県の湖畔の民宿を切り盛りしていたが、祖母が入院してしまったことで民宿をたたまざるを得なくなる。父の親友だった涼介を頼りに上京し、涼介が経営する都内の銭湯に身を寄せた澪は、都会での仕事探しに苦戦し、次第に銭湯を手伝うようになる。そして個性的な常連客たちと交流し、徐々に東京での生活に慣れてきたある日、銭湯が区画整理のため閉店しなければならないことを知った澪は、ある決断をする。

「わたしは光をにぎっている」キャスト

  • 宮川澪  松本穂香
  • 緒方銀次  渡辺大知
  • 島村美琴  徳永えり
  • 新井稔仁  吉村界人

「わたしは光をにぎっている」スタッフ

  • 監督  中川龍太郎
  • 脚本  中川龍太郎
  • 末木はるみ
  • 佐近圭太郎

「わたしは光をにぎっている」についてのみんなの声

こちらでは2月から上映の『わたしは光をにぎっている』、富山のシネコンでやってるっぽいから足を伸ばして見に行こうかな。金沢駅から電車で1時間ぐらい。ついでに観光したいが、富山といえば何だろう…。

@nzrknzrk グッチー!言いたくなりますね笑  「わたしは光をにぎっている」は観ましたか? 上映時間がかぶっていて観れなかった…😢

あとは、『家族を想うとき』。 プラスで、『“隠れビッチ”やってました』『ゴーストマスター』『羊とオオカミの恋と殺人』くらいか... 『殺さない彼と死なない彼女』と『わたしは光をにぎっている』はもう一回見たいな...

日曜日に見た『わたしは光をにぎっている』で今年劇場で見た映画150本目でした。 ほとんどなにごともなく、よいペースで見られたのではないかと思います。 今年は、映画に関して自分にない感覚を与えてくださる方々を(ほぼ一方的に)知ることができたのがすごくよかった。

今週のテラスハウスは泣けた。軽井沢編から東京編に移って失われたかと思った「街(家の外)の温かさ」が、まだこんなところに残っていたんだ、という喜び。『わたしは光をにぎっている』に通じる残存するコミュニケーションと熱っぽさ。

観る前は「きみの鳥はうたえる」のような、ある青春の終わりを描いて作品なんだろうと想像していたが、もっと大きなものが終わり滅んでいくことを描いていて、我々はそういう時代を見届けている時間に生きているのだなと思ってしまったな。「わたしは光をにぎっている」

稽古後は、とある映画の打ち上げにお邪魔させていただいた! 映画に対する監督の想いを聞き、とても感動した。 映画が好きだ!!熱い人が好きだ! 頑張ろう。 先日観た『ひとよ』も『わたしは光をにぎっている』も最高だったなぁ。あれからカネコアヤノさんの「光の方へ」ばっかし聴いている。

1209映画2連チャン&#わたしは光をにぎっている 実際にある下町の再開発が下地になっている映画 にしては現実との距離感が中途半端どうせならもっと登場人物から距離をおいて実際の下町の風景をもっと入れちゃってドキュメント風に徹した方が興味深くなるかなと 松本穂香は この世界の現代版 かと

わたしは光をにぎっている…新宿武蔵野館S1 中川龍太郎監督作品。東京立石の銭湯を舞台に、大人しい娘さんがゆっくりと進んでいく姿と地域開発の波でそこを終わらせていくケジメを1つの詩を絡めてエモーショナルに描いた傑作。特に水と光に同化する松本穂香ちゃんの佇まい…本作こそ彼女の代表作だ!

その2 ・そして生きる →たぶんいい作品。でも時間無いのでスルー ・冴えカノ →見たいけど時間がはしごを許さないw ・マチネの終わりに →ポスターが微妙に空青っぽさあるw 見る気はあんま無い ・リゼロ →なんだかんだ毎週見てる気がする ・わたしは光をにぎっている →良さげだけど時間がなぁ

シネマシティでもうすぐ終わるもの 〜12/12(木) ・ひとよ ・地獄少女 ・ブライトバーン ・ヒキタさん、ご懐妊ですよ ・そして生きる 〜12/19(木) ・冴えカノ ・マチネの終わりに ・リゼロ ・わたしは光をにぎっている ・エンドオブステイツ ・フラグタイム 〜1/9(木) ・天気の子

わたしは光をにぎっている、トークイベントでカネコアヤノと渡辺大知登壇っていう神回を大阪でやってくんないですかね…這ってでもいくんで…

「わたしは光をにぎっている」観ました。 劇中、胸の奥がずっとゆらゆらしていて、終盤おばあちゃんの言葉でそれがふつふつと湧いたお湯のように泡となって弾けた。 誰かや自分の節目に対してどんな思いでどんな言葉を送るんだろう、また受け取るんだろう。 光はささやかで確かだ。

『わたしは光をにぎっている』 あと実際取り壊されたあと(一年後)の描写で銭湯の親父(光石研)がアパートらしき部屋でカップラーメン啜りながら新聞かなんか読んでたり、バイト雑誌読んでるところが「?」 かなりの金貰ってると思うんやけどな。

『わたしは光をにぎっている』 言いたいことは解るし良い映画やとも思うんやけど、俺は家を建て替えるとか街並みが変わっていくとかあんまり感傷的にならない、というより寧ろ楽しくなる方なので、根本的なところで感覚が違ってて登場人物にも「ま、そう思う人もいますね」ぐらいになってしまう。

『わたしは光をにぎっている』 ヒキニートの松本穂香が親戚の策略で伝手を頼って東京の銭湯で働く。でもそこは土地区画整理事業で間もなく立ち退き、取り壊し。 形有るものいつかは壊れる。 終わるときはちゃんとしましょうね、と。

30日(土) 『わたしは光をにぎっている』観てきた @シネ・リーブル梅田

わたしは光をにぎっている、とてつもなく良かった...わたしにとってはロケ地からドンピシャだった......

ラストクリスマス、わたしは光をにぎっている、ドクタースリープ、そしてマリッジストーリー、はやく見なきゃなぁ

『わたしは光をにぎっている』 人、場所や時間、いつか失われる大切なものを胸に生きていく。田舎から上京して少しずつ居場所を見出す少女の心の機微を情感豊かに紡ぎ出す。慣れない都会暮らしを送るヒロインの日常を通して変わりゆく街の風景と変わらない人の温もりが映し出される。 一歩ずつ。#映画

\劇場映画チケットが安くなるU-NEXT/

 

dailymotionやpandoraなどで違法アップロード作品を見るのは危険!

危険だと言われても、デイリーモーションやパンドラなどに「違法にアップロードされた動画を視聴したい」という方も中にはいらっしゃるかもしれません....パソコン・スマホのウィルス感染や、クレジットカードなど個人情報の流出が起きてしまっても問題がなければ、自己責任でご利用下さいm(_ _)m

※当サイトでは、違法アップロードされた動画の視聴は一切推奨しておりません)

当サイトでご紹介している動画配信サービスは、安全にたくさんの動画を楽しむことができますし、雑誌や有料コンテンツ(ポイントが付与される)を楽しめるものもあります。それなのに、あえてリスクの高い違法動画を選択する必要はありませんよね。関係者の利益を奪うばかりでなく、エンタメ業界の未来を蝕む行為でもあります。あなたが好きな動画だからこそ、作者・関係者のためにも、安心安全のネット配信サービスを利用しましょう♪

こちらの記事は、執筆時点(ページ上部記載)での情報です。最新情報は、公式ページ内にて作品名を検索し取り扱い状況をご確認ください。
 

スポンサーリンク

おすすめの記事